交通事故に遭遇してしまった時は弁護士に頼るのが一番良い

交通事故の加害者側と平行線で話が進まない時は?

日常生活の中で突然事故に遭ってしまったら、そのことで警察を第三者にはさんで話し合いをすることになります。
しかし、加害者側との話がずっと平行線のままで進まなくなってしまった時は、どうしたら良いのか知っていますか?
そのままでは交通事故の話が全く進まず示談金などの話をすることも出来なくなりますが、実は自賠責分だけ先に請求することが出来ます。
自賠責保険では、交通事故の被害者自身が直接自賠責の保険会社に請求をして賠償金を受け取ることが出来るようになっています。


交通事故の示談が進まない時には自賠責分だけもらう

話がいつまでも進まず平行線になってしまっている場合は、自賠責分だけ受け取るという方が良いのかもしれません。
その間の時間などがもったいないですし、ケガをしていたら治療費も発生してその支払いが大変になって負担になることもあります。
交通事故の被害者に出来る請求ですから、先にそれを請求してしまって当面をしのぎ、後に裁判できちんとした請求を行うというやり方もありますから、頭の片隅にでも入れておいていただけましたら幸いです。


示談案に納得できない場合は?

加害者側の保険会社から示談案を出してもらったけれど、その内容や金額に納得できないこともあるのではないかと思います。
もし、その示談案に納得することが出来ない時は、弁護士に相談をして一緒に話し合いながら示談案を変える必要があります。
自分だけでは聞き入れてもらえないことが多いのですが、交通事故の分野で活躍して詳しい知識を持っている弁護士に依頼をすれば、あなたの要望をしっかり受け止めてくれますから非常に心強い存在となるでしょう。



Comments are closed.